マイケル・ファスベンダー、異色SFアクションコメディ『カン・フューリー』に出演

  • クランクイン!
  • 更新日:2018/02/13

異色SFアクションコメディ『カン・フューリー』に出演するというマイケル・ファスベンダー (C)AFLO<画像を拡大する>

デヴィッド・サンドバーグが脚本・監督・主演を務めた異色SFアクションコメディ『カン・フューリー』。ネット配信で話題を呼んだ30分の短編作品が長編映画化されることになり、映画『X‐MEN』シリーズや『エイリアン:コヴェナント』の俳優マイケル・ファスベンダーが出演するという。

【写真】「マイケル・ファスベンダー」フォトギャラリー

1980年代へのオマージュにもなっている『カン・フューリー』。犯人追跡中の事故がきっかけで、選ばれしカンフーの達人“カン・フューリー”になった警官(サンドバーグ)が、タイムトラベルで過去に戻り、極悪のカンフーマスター、アドルフ・ヒトラー総統を倒すために奔走するという奇想天外なストーリーだ。サンドバーグ監督がクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で調達した資金で製作し、カルト的人気を博した。

Varietyによると、映画版は短編の続編となり、今夏に撮影予定とのことだ。マイケルの演じる役は不明。引き続きサンドバーグ監督と、カメオ出演した俳優デヴィッド・ハッセルホフが出演する。

続編は1985年のフロリダ州マイアミが舞台。カン・フューリーと、様々な時代の精鋭が集まったサンダーコップ(Thundercops)集団のおかげで治安が保たれていたが、サンダーコップの1人が悲惨な最期を遂げ、解散に。しかし、総統の野望を受け継いだ謎の敵が突如現れたため、カン・フューリーが再びタイムトラベルをして、敵に立ち向かうというストーリーになるとのことだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中国で大ヒット中!映画「空海ー」荘厳美麗な世界に酔いしれる!
2月18日の注目映画第1位は『15時17分、パリ行き』
西野カナが映画「となりの怪物くん」主題歌を歌う
渡部秀、金メダルの羽生に刺激「“3”への布石にしたい」
二階堂ふみ、羽生の金メダル獲得に「バスの中で盛り上がりました」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加