最新ランキングをチェックしよう
三菱ケミカル、自動車向け大型外装意匠部品用バイオエンプラをマツダと共同開発

三菱ケミカル、自動車向け大型外装意匠部品用バイオエンプラをマツダと共同開発

  • レスポンス
  • 更新日:2017/12/07

マツダCX-5三菱ケミカルは、マツダと共同で、低環境負荷で高質感のバイオエンジニアリングプラスチック(バイオエンプラ)「DURABIO(デュラビオ)」の新グレードを開発。『CX-5』のフロントグリルに採用されたと発表した。デュラビオは、再生可能な植物由来原料であるイソソルバイドを使用したバイオエンプラで、耐衝撃性・耐熱性・耐候性などで、従来品よりも優れた性能を持つ。また発色性が良く、顔料を配合する

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中国勢、今年後半に一斉に湾岸タワマン売却か...マンション、バブル崩壊で下落開始も
アマゾンに対抗できる? 「イオン・SB・ヤフー共同ネット通販」の勝算
どんなに隠しても金持ちの海外資産が国税にバレる新制度の中身とは?
東京で「買ってはいけない不動産」はこれでわかる
「軽自動車より中古ゼロクラウン」が経済的に賢い選択だと考える現実的な理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加