チケットキャンプがサービスを一時停止、商標法および不正競争防止法違反の容疑

チケットキャンプがサービスを一時停止、商標法および不正競争防止法違反の容疑

  • TechCrunch
  • 更新日:2017/12/07
No image

ミクシィは12月7日、子会社のフンザが運営するチケット二次流通マーケットプレイス「チケットキャンプ」内での新規出品、新規会員登録、新規購入申し込みを一時停止することを発表した。

チケットキャンプのサイト上の表示について、商標法違反および不正競争防止法違反の容疑で捜査当局による捜査を受けており、詳細については現在捜査中。操作には全面的に協力をするとしている。またミクシィでは事実の確認および原因の究明のため、外部の弁護士を交えた調査委員会の設置を決定。委員会の構成等の詳細や調査結果の公表日程は決定し次第公表するという。

フンザでは本日よりチケットキャンプにおける新規出品、新規会員登録、新規購入申し込みを一時停止するとともに、現在出品中で取引が開始していないチケットについては運営事務局が出品取り下げの手続きをする。

現在出品中のチケットで取引が進行中のものについては通常通りサービスを利用できるほか、チケキャンダンクシートとXFLAG JAMシートは購入できる。また売上金についても、振込依頼をすれば通常通り受け取り可能だという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
今、証券会社のトップ営業マンが続々と転職している「ある職業」
民泊新法の施行で健全な市場を 百戦錬磨の上山康博社長に聞く
ホンダ「フリード Modulo X」発売 専用装備で「上質かつしなやかな乗り味」追求
米億万長者11人はビットコインをこう見る 関わる業界で温度差
マツダ「CX-8」発売 予約受注7362台 月販目標の6倍
  • このエントリーをはてなブックマークに追加