国会 “消費税10%再延期”審議入り

国会 “消費税10%再延期”審議入り

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/18
No image

国会では18日午後、消費税率を10%に引き上げる時期を来年4月から2年半再延期するための法案が衆議院本会議で審議入りした。

質問に立った民進党の木内孝胤議員は、増税できる経済環境を作り出せなかったのはアベノミクスがうまく機能しなかったからだと安倍政権を批判した。

木内議員「消費税増税の延期を余儀なくされたということは、端的に言えばアベノミクスがうまく機能しなかったということではないでしょうか。アベノミクスは家計から大企業へ資産を移転させるだけと総括できます」

麻生財務相「経済再生、デフレ不況からの脱却に向けた取り組みに万全を期すため、構造改革の加速など、総合的かつ大胆な経済対策を講じることとあわせて判断をしたものであります」

麻生財務相はこのように述べ、増税延期の判断は「デフレ不況からの脱却に万全を期すためだ」と強調した。

一方、共産党の宮本議員は消費税率の引き上げ自体を断念し、累進課税の強化などで、代わりの財源を確保するべきだと訴えた。消費税率引き上げの再延期を巡っては、共産党を除く全ての党が容認していて、政府・与党は今の国会中の法案成立を目指している。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
農協改革大荒れの影に秘密主義者 奥原農水次官
世論調査は不可解? 室井佑月「なんでこうなる。おかしくないか?」
安倍総理在職1807日 中曽根氏を抜き戦後歴代4位
【国政選挙分析】比例堅調なのに選挙区で弱い自民党 風頼みの若手、差し替え作業急ピッチで進む
イタリア首相辞任へ “EU離脱”政権誕生の可能性も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加