社民党・吉田忠智党首が党首選に不出馬の意向

社民党・吉田忠智党首が党首選に不出馬の意向

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/01/12
No image

動画を見る(元記事へ)

任期満了を迎える社民党の吉田忠智党首が、12日に告示予定の党首選に立候補しない意向を表明しました。

吉田党首はおととしの参議院選挙で落選していて、11日の幹部会で、「議員バッジがないなかで色々と制約もあった。新しい人に党首を担ってもらってはどうか」と立候補しない意向を伝えました。これに対して、又市幹事長は「議員でなくても党務に支障はない」として慰留したということです。
社民党・又市幹事長:「『引き続き立候補したい』と表明があるものだと思っていたから、『え?』と思った」
社民党所属の国会議員は4人ですが、他に立候補の動きはなく、又市幹事長は12日の告示を1週間程度延期する可能性もあるという認識を示しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【施政方針演説】安倍首相「国創り」に決意 「旧敵」会津人も取り上げ「国難」に立ち向かう決意示す
電波改革が初めて施政方針演説入り:安倍政権は“本気”だ
日本の野党に感じる閉塞感
病床削減に向けて県の権限は強まるか?-非稼働病床を中心に今後の方向性を考える
菅氏、全人代副委員長に潜水艦の尖閣航行を抗議
  • このエントリーをはてなブックマークに追加