【国際航空宇宙展16】価格は11億円...川崎重工、最新の高性能多用途双発ヘリを披露

【国際航空宇宙展16】価格は11億円...川崎重工、最新の高性能多用途双発ヘリを披露

  • レスポンス
  • 更新日:2016/10/19
No image

川崎重工業は「国際航空宇宙展2016」に発売したばかりの高性能多用途双発ヘリコプター「BK117 D-2」を披露した。実機の展示とあって、その周りには多くに来場者が集まり、説明員の話を熱心に聞く姿が目立った。

同ヘリは川崎重工と独エアバス・ヘリコプターズ社が共同開発したもので、「川崎重工がエンジン、ローター、トランスミッションと胴体の後ろの部分を担当した」(同社関係者)という。

実は両社の共同開発がスタートしたのは1977年からで、今回の最新モデルはシリーズとして8世代目となる。大幅な性能向上とパイロットのワークロードの軽減を実現した画期的なヘリとのことだ。

搭載エンジンをコンピュータ制御方式の新型エンジンに変更し、併せてエンジン動力をメインローターに伝えるギアボックスの技術向上を行った。これにより、ホバリング状態を前モデルの5分間から30分間に延長することができた。

この裏には日本のユーザーからの「連続して人命救助を行うには5分間では足りない」との要望があり、川崎重工はそれに応えたのだった。

主要諸元については以下の通り。全長13.64m、全幅1.73m(胴体)、全高3.95m、重量3700kg、定員10名、最高速度約267km/h、航続距離約740km。

「販売については、日本を含めたアジアを川崎重工が担当し、欧米をエアバス社が担当して『H145』として販売します」と同社関係者。価格はオプションの装備によって大きく変わるが、標準装備のモデルで11億円ほどになるそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カジノを合法化してパチンコに課税せよ
「極ZERO」酒税騒動を振り返る 発泡酒? 第3のビール?
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
ユニクロに1年潜入取材してみた!
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加