加治遥 リベンジ果たす

加治遥 リベンジ果たす

  • tennis365
  • 更新日:2016/12/01
No image

園田学園女子大学の加治遥 : 画像提供 全日本学生テニス連盟

平成28年度全日本学生室内テニス選手権大会(大阪/江坂テニスセンター、屋内ハード)は1日、女子シングルス1回戦が行われ、第1シードの加治遥(園田学園女子大学)が細沼千紗(早稲田大学)を6-4, 7-6 (7-4)のストレートで下し、準々決勝進出を果たした。

両者は8月の全日本学生テニス選手権大会(インカレ)準決勝でも対戦しており、この時は細沼がストレートで勝利していた。

勝利した加治は準々決勝で、森崎可南子(筑波大学)と予選勝者の江代純菜(慶應義塾大学)のどちらかと対戦する。

早稲田大学の細沼千紗

今大会の予選からは江代の他に、辻紘子(早稲田大学)、向井マリア(慶應義塾大学)、大矢希(早稲田大学)も本戦入りをしている。

画像提供:全日本学生テニス連盟

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
シンガポールラウンド初日、ジャパン・ウォリアーズはシンガポール・スラマーズと対戦 [Coca-Cola IPTL]
伊達ら登場 テニスフェス開催
錦織 地獄トレ「ブルーになる」
フェデラーとセレーナがIPTL欠場、インドの経済状況が影響
松友がウイルソンと現役生涯契約 日本人では錦織に次ぐ2人目/バトミントン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加