最新ランキングをチェックしよう
好調実話系週刊誌のヤクザ記事 暗黙のルールあり

好調実話系週刊誌のヤクザ記事 暗黙のルールあり

  • NEWSポストセブン
  • 更新日:2016/10/18

実話系週刊誌のヤクザ記事の暗黙のルールとは? 終息の気配を見せない山口組分裂抗争の最中、存在感を増している『週刊アサヒ芸能』(徳間書店刊)、『週刊大衆』(双葉社刊)、『週刊実話』(日本ジャーナル出版刊)の実話系週刊3誌だ。分裂から半年間ほどは3誌とも売上部数が2割ほど伸び、好調だという。そんな実話誌のヤクザ記事には暗黙のルールがある。実話誌ライターが言う。
「表紙に六代目山口組と神戸山口組を併記す

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
保育士の女「カッとなり」 叩きつけられ1歳児重傷
福田次官セクハラ疑惑、テレ朝の会見で狂った財務省の「筋書き」
東京駅の自販機で「売り切れ」続々発生も「頑張れ!」「もっとやれ」の声 背景にサントリーグループの残業代未払い問題
米山知事が使った「ハッピーメール」はVIPサイト? 記者が登録してみると、その直後に...
テレビ朝日が女性記者に課す暗黙の了解というセクハラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加