最新ランキングをチェックしよう
好調実話系週刊誌のヤクザ記事 暗黙のルールあり

好調実話系週刊誌のヤクザ記事 暗黙のルールあり

  • NEWSポストセブン
  • 更新日:2016/10/18

実話系週刊誌のヤクザ記事の暗黙のルールとは? 終息の気配を見せない山口組分裂抗争の最中、存在感を増している『週刊アサヒ芸能』(徳間書店刊)、『週刊大衆』(双葉社刊)、『週刊実話』(日本ジャーナル出版刊)の実話系週刊3誌だ。分裂から半年間ほどは3誌とも売上部数が2割ほど伸び、好調だという。そんな実話誌のヤクザ記事には暗黙のルールがある。実話誌ライターが言う。
「表紙に六代目山口組と神戸山口組を併記す

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ベンツの運転手に絡まれ煽られていた軽自動車。しかし軽の方が一枚上手だった
清水良太郎被告、覚醒剤“口移し”で吸わせた「私は腐った人間です」
バイト中に15歳少女が転落死 太陽光パネル点検作業
『失神ゲーム』で小6児童が意識不明に 「殺人行為」実態に恐怖と怒りの声
「原発の新設」で日本は世界の敗者になる──安倍政権と原子力ムラの呆れたやり口とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加