シングルローター型ドローンによる長距離物流の実証実験

シングルローター型ドローンによる長距離物流の実証実験

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/09/03
No image

三重県志摩市、愛知県蒲郡市、静岡県御前崎市、プロドローン(PRODRONE)、KDDIは9月3日、ドローン長距離物流実証実験に関する協定を2019年9月3日に締結しました。実験では、最長約175kmを自動飛行するシングルローター型ドローンによる長距離物流の実証を開始する。

近年、ネットショッピングなどによる物流量が増加している一方、人口減少や高齢化に伴う物流分野における労働力低下により、新たな物流システムへの需要が高まっているほか、気象災害や地震災害時においても緊急時の迅速かつ円滑な物流を実現するための新たな手法が求められているという。

このような状況下において、国からもドローンを活用した目視外飛行や自律飛行を含む運航管理システムの社会実装が求められており、PRODRONEとKDDIは長距離かつ重量物運搬可能なソリューションを構築することを目的に、志摩市、蒲郡市、御前崎市の協力のもと、志摩市と蒲郡市間の約70kmおよび志摩市と御前崎市間の約175kmを自動飛行する長距離物流ドローンの実証実験を開始する。

実験を通じて(1)ドローンによる中長距離物流において、現在の中長距離物流の代替可能性、(2)地方都市間を結び、地場産業支援となる物流システムの可能性、(3)緊急時、災害発生時の緊急物流インフラの可能性を確認する。

PRODRONEでは、長距離飛行可能な重量物運搬専用機体(シングルローター型ドローン、ガソリンエンジン) 開発を担い、輸送の他にも緊急時の撮影や映像配信サービスなどが遠隔地にいてもオペレーションを可能にできる無人機飛行システムを用いて、物流サービス会社などへプラットフォームの提供を目指す。

一方、KDDIはドローンの産業適用拡大に向けて、携帯通信ネットワークを用いた目視外飛行を実現するスマートドローンプラットフォームを活用し、社会実装フェーズとなる2019年度からは点検、物流領域での事業構築を積極的に進めている。ドローンの広範囲、かつ長距離の飛行には携帯通信ネットワークは必須となり、今年度からサービスを開始する5Gにより、適用の幅を拡大していく予定だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
セブン、ついに客数減サイクル突入か...セブンペイ中止事件が痛手、24時間営業見直しも
減少する熟練の技能...千葉の大停電、もうひとつの構造問題
韓国のユニクロ不買運動はどれほどの痛手なのか?株価は意外にも.../馬渕磨理子
高齢者コミュニティ特化の自動運転企業「Voyage」を生んだ31歳
アウディ Q3スポーツバック はシリーズ初のクーペSUV...フランクフルトモーターショー2019[詳細画像]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加