新助っ投モレノ、フリーで上々 陽川のバット折る

新助っ投モレノ、フリーで上々 陽川のバット折る

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/02/16
No image

フリー打撃に登板した阪神・モレノ=宜野座(撮影・堀内翔)

「阪神春季キャンプ」(15日、宜野座)

新外国人のディエゴ・モレノ投手(30)がフリー打撃に初登板した。陽川、植田に対して31球を投げて、安打性の打球は植田の1本に抑えた。

球に力があり、陽川はスライダーでバットを折った。左打席に立った植田は直球で詰まらせ、内角低めのカットボールで空振りを奪う場面もあった。ボール球が12球と制球に課題は残したが、上々の投球を見せた。

また、マルコス・マテオ投手(33)と、島本浩也投手(25)もフリー打撃に登板した。マテオは江越、島田に40球を投げて安打性の打球は3本だったが、18球がボール球。モレノと同様に制球に課題を残した。

島本はサイドスローで投球。糸原、高山に42球を投げて安打性の打球は7本だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
清宮、中村、安田――注目の高卒ドラ1トリオの“本当の評価”
藤沢五月、快勝も切り替え「やるべきことに集中」
プロダーツ田渕亜季、芸能事務所オファー断りプロに
打者心理でみる「松坂大輔がよみがえる唯一の方法」を名コーチが説く
張本勲氏 大谷視察の日本ハム栗山監督に「喝!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加