最新ランキングをチェックしよう
マッハ5超で飛ぶ超音速機の2030年までの実用化を目指してしのぎを削っているのはアメリカと中国

マッハ5超で飛ぶ超音速機の2030年までの実用化を目指してしのぎを削っているのはアメリカと中国

  • GIGAZINE
  • 更新日:2017/06/19

航空機がマッハ(音速)を超える速度で飛ぶためには多くの条件をクリアする必要があり、これまでにマッハ超えを果たした機体は超音速旅客機「コンコルド」を除けば世界各国の軍用機に限られている状態です。マッハ超えの際に生じる衝撃波による環境への悪影響や、高いコストなどで開発が限られてきた超音速航空機ですが、現在アメリカと中国がしのぎを削るようにその開発を進めているとのことです。
American and C

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ラズパイの見た目を100%オーディオ機器にするアルミケースを発見!
キーワードで読み解く2017年のヒット商品
とにかくスゴい!DIME最新号の特別付録『3DIMENSIONS VR GLASS』の遊び方
SONYのサウンドバー、AppleTVに男泣き
Googleに雇われているセキュリティ研究者がiPhoneのiOS11.1.2の脱獄を手助けするツールを提供していた?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加