最新ランキングをチェックしよう
マッハ5超で飛ぶ超音速機の2030年までの実用化を目指してしのぎを削っているのはアメリカと中国

マッハ5超で飛ぶ超音速機の2030年までの実用化を目指してしのぎを削っているのはアメリカと中国

  • GIGAZINE
  • 更新日:2017/06/19

航空機がマッハ(音速)を超える速度で飛ぶためには多くの条件をクリアする必要があり、これまでにマッハ超えを果たした機体は超音速旅客機「コンコルド」を除けば世界各国の軍用機に限られている状態です。マッハ超えの際に生じる衝撃波による環境への悪影響や、高いコストなどで開発が限られてきた超音速航空機ですが、現在アメリカと中国がしのぎを削るようにその開発を進めているとのことです。
American and C

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! 500円台の多機能ランポーチや薄型大容量な長財布がお買い得に
大人のおもちゃ「アナルプラグ」をハッキングして第三者が自由にコントロール可能に
BOSEの名作ラジカセ『AW-1』をレコードからMP3まで自由に聴けるようにした結果...
世界初公開のPCケースに話題騒然のSilverStone新製品発表会
あおり運転の記録を残せる、1台のカメラで360度撮影できるドラレコ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加