都立高島vs都立小山台

都立高島vs都立小山台

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2019/07/22

都立小山台、初回の猛攻で都立高島を破り、2年連続で4強へ

準々決勝では珍しい都立校同士の対戦。この両校、昨夏も5回戦で対戦し、都立小山台が10対1で都立高島を破っている。都立高島の先発・高橋涼は、この時も先発のマウンドに立っていた。「初めは少し頭をよぎる場面もありました」と高橋は言う。都立高島としては、昨年のリベンジを果たしたい一戦だ。

一方都立小山台は前日の5回戦で安田学園に3点のリードを許しながら9回に一挙4点を入れて逆転勝ちし、勢いに乗る。「一度死んだので、ノビノビとできました」と、都立小山台の福嶋正信監督は言う。

試合は初回から動き出す。1回表都立小山台は1番・池本 仁志が四球出ると、2番・佐藤晃のバントは内野安打になり、3番・笠原柊真の犠打で一死二、三塁。4番・吉田大晟の三塁線を破る安打で2人が還る。さらに6番・飯田瑤生の内野安打で二死一、二塁とし、7番・森喜洋の左前安打で吉田が生還。左翼手からの本塁への送球がそれる間に飯田も還り、都立小山台は初回に4点を入れた。

都立高島の先発、横手投げの高橋涼にとっては、苦しい立ち上がりとなったが、島修司監督は、「(野手が)人工芝に慣れていませんでした。高橋には『お前は打たれていない』と言いました」と語る。

島監督が言うように、2回以降は高橋の投球も落ち着きを取り戻す。

3回表には都立小山台の6番・飯田が左中間を破る二塁打で出塁し、森の犠打で三塁に進む。ここで8番・藤原光基の3球目にスクイズを敢行したが、空振りで飯田は本塁で憤死する。その後も走者を出すことはあっても、高橋は得点を許さない。

一方都立小山台の先発・安居院勇源は、速い球があるわけではないが、緩急をつけた投球で都立高島を翻弄する。安居院は打てそうで打てない投球であるが、都立高島の島監督は、「スイッチが入るといいボール投げていました」と語る。

2回以降は0行進が続いていたが、9回表に都立小山台は、2番・佐藤が四球、3番・笠原の左前安打に続き、4番・吉田の犠打、5番・上江洲礼記の三ゴロで佐藤が生還し、待望の追加点を挙げた。

9回裏都立高島は最後の意地をみせ、7番・高橋の四球、代打・石坂勇人の右前安打、1番・本多誉の右前安打で1点を返した。しかしここで都立小山台の安居院の投球にスイッチが入り、2番・臼田吏輝、3番・斎藤翔磨が三振に倒れ、5対1。都立小山台が昨年に続き、準決勝進出を決めた。

敗れた都立高島であるが、秋、春と1次予選で敗れながらも、チームを立て直し、この夏は5回戦で優勝候補の岩倉を破る健闘をみせた。1994年以来の準々決勝進出を、都立の強豪として次のステップに進む弾みにしてほしい。

勝った都立小山台は、圧倒的な力強さはないものの、勝負どころをしっかり決める力はさすがである。昨夏以降、秋季都大会を除き、全て4強以上に進んでいる。上野学園修徳戦の勝者が対戦する準決勝に勝ち、2年連続決勝進出がなるか注目される。

(文=大島 裕史)

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会
■開催期間:2019年7月7~7月27日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会東東京大会】
■展望コラム【【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神・近本、故郷の淡路っ子110人に勝利を誓った!
【MLB】大谷翔平「3番・DH」で2戦連続スタメン 今季3度目の2戦連続アーチとなるか?
つば九郎、松山は「おさかながおいしい」 愛媛「愛・野球博」PR
史上2例目なるか!? 異なる3選手の打撃主要タイトル独占
阪神・ソラーテ抹消...わずか出場20試合でセクシータイムアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加