仙台、奥埜V弾で8試合ぶり勝ち点3/仙-広22節

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15

<明治安田生命J1:仙台1-0広島>◇第22節◇13日◇ユアスタ

ベガルタ仙台は8試合ぶりに勝ち点3を獲得した。サンフレッチェ広島に勝利したのは、14年5月以来3季ぶりだ。広島はヨンソン監督就任後2敗目となった。

仙台は0-0で迎えた後半6分。FW西村の強烈なシュートのこぼれ球を、MF奥埜が冷静に左足で詰めて、8試合ぶりの先制ゴールを挙げた。終盤の激しい相手の猛攻を、全員で懸命に防ぎ、6月4日のホーム甲府戦以来となる勝利を、ホームに駆けつけたサポーターに届けた。

広島は序盤こそ主導権を握った。直近5戦6得点と絶好調のMFロペスが縦への推進力を披露。前半8分にはゴール前でロペスのヒールパスからパトリックが強烈なシュートを放った。ただし後半に失点すると、主導権を受け渡した。終盤には猛攻を見せたが、相手守備陣を崩すことができなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
家長への指摘に小林が「それはない」と熱く反論 「川崎で一番走り、誰よりもスプリントする」
花咲徳栄高の甲子園初優勝に、埼玉出身の浦和FWオナイウ阿道「相乗効果を生みたい」
[全中]大会優秀選手20名発表!4連覇青森山田と準V育英館中から最多5名ずつ選出
【浦和】なぜ川崎に敗れたのか?指揮官が語った敗因は?
アビスパ福岡 エウレー練習合流 ウェリ相棒に名乗り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加