阪神・金本監督、若虎に宿題!北條には「体重2キロ増」指示

阪神・金本監督、若虎に宿題!北條には「体重2キロ増」指示

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2016/11/30

阪神・金本知憲監督(48)が29日、甲子園クラブハウスを電撃訪問。秋季キャンプ後から行われていた2次キャンプの打ち上げに合わせ、若虎を最終チェックした。さらに選手らにオフの“宿題”を手渡し、来年2月1日の春季キャンプ初日に確認することを通達。不合格なら強制帰阪→缶詰合宿の厳し〜いプランが浮上した。

駐車場にウエートトレの金属音が鳴り響く午前11時半すぎ。甲子園クラブハウスから金本監督が出てきた。ジャージー姿で足早に車へ乗り込む。言葉を残すことなく去ったが、若虎らを最後まで鍛え上げていた。

秋季キャンプ後の18日から高山、原口、北條ら24選手を対象に始まった2次キャンプ。球団行事の日は休みのため、この日が打ち上げだった。指揮官は開始時刻の午前10時にすでにスタンバイ。汗を流す選手らに、目を光らせていた。

伊藤トレーニングコーチによるとこの日は体重、体脂肪率、スクワットの重量などを計測し、指揮官がオフの目標設定をしたという。例えば体重81キロの北條には「体脂肪率が2%ぐらい増えてもいいから、体重をあと2キロぐらい増やせ」と指示。北條は「83キロぐらいを目指します。スクワットも目標の数字よりも上にいけるように、継続してやります」と“無休”を宣言した。

目標をクリアできたかどうかは、2月1日の春季キャンプ初日に金本監督が確認する予定。クリアできておらず、練習不足と判断された場合は宜野座から強制帰阪。甲子園近隣の宿泊施設に缶詰め状態にし、クラブハウスのウエートルームに通わせる合宿計画もある。

伊藤コーチは「若い選手ばかりだから、目標設定をキープするだけではいけない。上回らないと意味がない。きょう、監督がきてくれたのも『オフになっても、しっかりしろ』ということでしょう。選手も感じてくれたはず」と話した。12月1日からは自主トレに期間に突入。充実した秋を生かすも殺すも、各選手たちの克己心にかかっている。  (阿部祐亮)

No image

金本監督が2次キャンプ最終日を視察。若虎らにオフの目標を設定させた

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日ハム、今季限りで現役引退の武田勝をBCリーグ石川に派遣
巨人、陽に“Vの使者”背番号「2」提示 小笠原、井端は加入初年度にセ界制覇
岸明日香×安枝瞳×青山ひかる×桜井奈津のラウンドガールにノックアウト
「神ってる」のは大谷翔平より松坂大輔!不条理な年俸格差に野球ファンがぶ然
ハンカチ王子にうんざり、やっぱりの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加