阪神3番手のマテオが八回、勝ち越し許す 巨人・寺内の適時打などで3点奪われる

阪神3番手のマテオが八回、勝ち越し許す 巨人・寺内の適時打などで3点奪われる

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/11
No image

8回、寺内(手前)に勝ち越し2点タイムリー二塁打を打たれたマテオ。後は陽岱鋼(撮影・堀内翔)

「巨人-阪神」(10日、東京ドーム)

阪神は3番手・マテオが踏ん張りきれず2点の勝ち越しを許した。

2-2の八回からマウンドに上がったマテオ。先頭の陽にいきなり四球を与えてしまった。続くマギーには右前にはじき返され無死一、二塁。それでも坂本を深めの中飛に打ち取り1死一、三塁。代打・中井は空振り三振に仕留めた。

2死一、三塁からバッテリーは5番・村田を敬遠気味の四球で歩かせ、6番の途中出場の寺内との勝負を選択。ここで寺内に左翼線へと運ばれ2点を失った。

なおも2死二、三塁で、続く亀井の打球を遊撃の北條が捕球できず適時失策。3点目を失った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人・山口俊投手の事件で注目された中日・森繁和監督の発言
甲子園ベストナインを発表!編集部が選ぶ9人は?
元木大介、広陵・中村と早実・清宮を比較「何かを持っている」のは...?
広陵・中村奨成に「本当の仕事」をさせず。花咲徳栄は魔物を知っていた
【ヤクルト】真中満監督が退任発表前にくれたメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加