ミランDF、スイス予選突破の“英雄”に。終了間際の劇的プレーでチーム救う

ミランDF、スイス予選突破の“英雄”に。終了間際の劇的プレーでチーム救う

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/11/13
No image

スイス代表のリカルド・ロドリゲス【写真:Getty Images】

ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフの2ndレグが現地時間12日に開催され、スイス代表と北アイルランド代表が対戦。0-0のドローに終わり、2試合合計スコア1-0でスイスが4大会連続11回目の本大会出場を決めた。

アウェイでの1stレグに1-0の勝利を収めていたスイスはホームで苦戦を強いられ、北アイルランドにゴールを脅かされる場面もあったが、無失点で乗り切ることに成功。ゴールを奪うこともできなかったが、予選突破に必要なスコアで試合を終えた。

後半アディショナルタイムには、北アイルランドのCKからゴール前に上げられたクロスに対して飛び出したGKヤン・ゾマーがボールに触れず、DFジョニー・エバンスがGK不在のゴールに向けて決定的なヘディングシュートを放つプレーがあった。だがゴールライン上でカバーに入っていたDFリカルド・ロドリゲスが辛うじて弾き出し、同点での延長戦突入を阻止した。

今季からミランでプレーするロドリゲスは、1stレグでも決勝点となるPKを決めるという大きな役割を果たしていた。2試合を通して決定的な場面で仕事をした25歳の左SBはスイスの予選突破の立役者となった。

「ロドリゲスが母国を救う」「スイスの予選突破の英雄に」「ロドリゲスのおかげでW杯に」など、各国メディアがこぞってその働きに賛辞を送っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
浦和に飛び火?“日本人との因縁”に闘志燃やすアルヒラルMF「前代未聞の不正を忘れない」
イブラ、驚異の回復力。モウリーニョが招集認める。ポグバ&ロホもメンバー入り
バルサ『フェキルと接触』
関東大学サッカー運命の最終節、1部残留争いは三つ巴、2部では早稲田が“勝てば天国負ければ地獄”
靴ひもを自由に通せる画期的な新スパイクをプーマが発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加