【報ステ】羽生棋聖、史上初の『永世七冠』達成

【報ステ】羽生棋聖、史上初の『永世七冠』達成

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/06
No image

動画を見る(元記事へ)

将棋の羽生善治棋聖(47)が5日、鹿児島県指宿市で行われた第30期竜王戦七番勝負の第5局で勝利し、対戦成績4勝1敗で渡辺明竜王(33)を破り、史上初となる『永世七冠』の称号を手にした。竜王戦など7つのタイトル戦には「連続5期」や「通算10期」など、タイトルごとの条件を達成すると与えられる『永世称号』があり、羽生棋聖は2008年までに6つの永世称号を手にしていた。羽生棋聖は「最後のチャンスかもしれないという気持ちで臨んでいた。1つの大きな記録を達成できたということでうれしい」と話した。また、「将棋の世界は日進月歩。過去の実績があっても、これから先の盤上ではあまり意味がないので、常に最先端を探求していくという気持ちだ」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
靭帯損傷の羽生結弦 腱と骨にも炎症 練習再開は「まだ決まっていません」
羽生結弦 氷上練習再開へ 調整期間1週間 厳しい状況も...全日本出場あきらめない
羽生結弦が異例連日談話、五輪選出確実もプラン再考
羽生結弦「腱と骨にも炎症」練習の再開時期は未定
ファイナル女王のザギトワ妖艶な舞 トラ柄タイツで魅了
  • このエントリーをはてなブックマークに追加