斎藤工、芸人の趣味に変化「平野ノラに心動かされる」

斎藤工、芸人の趣味に変化「平野ノラに心動かされる」

  • ORICON STYLE
  • 更新日:2016/12/01
No image

「Z空調」新CM発表会に出席した斎藤工 (C)oricon ME inc.

俳優の斎藤工が1日、東京・ベルサール六本木で開催の「Z空調」新CM発表会に出席。同CMでは、妄想とダジャレをこよなく愛する謎のマスクマン「ゼックウチョウ」を演じた斎藤は、「ダジャレは歴史ある文化です。僕の世代が守っていかないと」と役にかけて回答。「以前は練りに練ったネタをやる芸人さんが好きだったけど、今は一発ギャグや“平野ノラ”さんに心動かされるものがある」と趣味が変わったことを明かした。

【写真】妄想とダジャレをこよなく愛する謎のマスクマン

斎藤が演じたキャラクターについて、「ラテン系で昼より夜に現れるダークヒーローのイメージ。爽やか系は僕には無理なので、アクの強い僕ならではのキャラクターになったと思います」とお気に入りの様子。CM発表会では主婦も登場してトークを交わし、「みなさんドレスアップされて、素敵です」と主婦のハートを掴んだ。「この2年の間に、不貞に対する主婦のみなさんの見方がだいぶ変わったかもしれませんが……僕も役として、映画の中では良い制裁を受けるべきだと思う」と自身が出演したドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)に絡めて話した。

映画好きで知られる斎藤は、「映画が好きで飛び込んだ世界なので、念願だった長編映画制作を行うことができました。公開は来年の予定ですが、しっかり仕上げたいです」と報告。「今年は気づいたらKinKi KidsのCDジャケ写を撮らせていただいたこともあり、出演するだけではなくクリエイティブなことをたくさんやらせていただきました。作るという意味では名前の通りの1年だった」と振り返り、今年を表す一文字には、自身の名前である「工」を挙げた。

気になるクリスマスの予定は「撮影だと思います」とのことで、「でも、クリスマスが終わった瞬間に正月モードになる、切り替わりの瞬間が好きなので、そこは味わいたいです」。来年については「悠々と急ぐ」と小説家・開高健の言葉を引用して、「焦りすぎずに行きたい。そういう年齢だと思うので」と抱負を語っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
伊野尾慧、大失態の連発で「JUMPゴリ押し」終了の現実味
星野源『逃げ恥』着用シャツが注文15倍増「“キムタク着用”の売れ方とは違う」
成宮寛貴の薬物報道前日に...ナイナイ岡村「この人出したらアカン」発言が波紋
高須院長の“ラーメンの食べ方”に衝撃走る
あのM-1芸人、不倫&調子に乗りすぎで芸能界を干される危機か...先輩芸人から反感
  • このエントリーをはてなブックマークに追加