ブルージェイズ初勝利 投手陣踏ん張り1勝3敗に

ブルージェイズ初勝利 投手陣踏ん張り1勝3敗に

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/20
No image

勝利の瞬間、指を天に向かって突き上げるオズナ(ロイター)

<ア・リーグ優勝決定シリーズ:ブルージェイズ5-1インディアンス>◇第4戦◇18日(日本時間19日)◇ロジャーズセンター

ブルージェイズが5-1でインディアンスを下し、今シリーズでようやく初勝利を挙げ、対戦成績を1勝3敗とした。

3回1死三塁のピンチをしのいだ直後、2死から2番ドナルドソンが左中間へソロ本塁打を放ち、このシリーズで初の先制点を奪った。さらに4回1死一、二塁から7番カレラが適時打で2点目を奪った。5回に1点を返されたが、7回無死満塁のチャンスに3番エンカーナシオンがセンター前にはじき返す2点適時打を放ってリードを再び広げ、8回にも犠飛で突き放した。投げては先発のサンチェスは6回1失点と好投し、9回は守護神のオズナがきっちりと3者凡退に抑えるなど、救援3投手が1人も走者を許さなかった。

第5戦は19日(同20日午前5時開始予定)にトロントで行われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロッテ・田村が2240万増の5000万円でサイン
注目の巨人のプロテクト 前回の人的補償から見るポイントは?
大谷翔平の年俸を支えられない? 東尾修が語る球界の“お金”事情
前阪神・柴田がロッテ合格 林本部長「1、2番を狙える選手」
プロ野球「FA大型移籍劇」でも暗躍...フジテレビ・女性ディレクターが美女アナ斡旋?(1)西武・岸の楽天FA移籍の裏側で...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加