輪島ジム初王者!勅使河原がTKO勝ち「このベルトは本当に重い」/BOX

輪島ジム初王者!勅使河原がTKO勝ち「このベルトは本当に重い」/BOX

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/10/13

ダイヤモンドグローブ(12日、後楽園ホール)WBOアジア・パシフィック・バンタム級5位の勅使河原弘晶(27)=輪島功一スポーツ=が、同級王者ジェトロ・パブスタン(27)=フィリピン=に10回2分52秒、TKOで勝ち、王座を獲得した。創設29年目の同ジムでは初の王者となった。

待ち焦がれた瞬間が訪れた。10回、勅使河原は王者をロープに追い詰め、渾身の連打を浴びせた。王者が棒立ちとなりレフェリーストップ。創設29年目のジムに初の王座をもたらし「このベルトは本当に重い」と歓喜の笑みを浮かべた。

幼少期に義母から虐待を受け、中学時代から非行に走った。16歳で入った少年院の図書室で手にした元世界Sウエルター級王者の輪島功一会長(74)の自伝を読んで、ボクサーになることを決意した。それだけに試合後のリングで恩師の肩にベルトを掛け「会長にプレゼントできて本当によかった」。最高の恩返しに感慨もひとしおだ。

デビュー6年目での初タイトルは通過点だ。「ここがゴールじゃない。目指すのは世界。必死に練習する」と宣言した。

勅使河原 弘晶(てしがわら・ひろあき)

1990(平成2)年6月3日生まれ、27歳。群馬・玉村町出身。2011年7月にプロデビュー。プロ戦績は19戦15勝(9KO)2敗2分け。右ボクサーファイター。1メートル70。

No image

勅使河原(左)はチャンピオンベルトを肩に輪島会長と笑顔のツーショット。恩師に最高の恩返しができた (撮影・菊本和人)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エンダム軽い体「気持ちにも余裕」スピード勝負作戦
村田、ボディーは完勝「自分が有利」 陣営は王者の600グラムアンダーを警戒
「3度目はない」決意で再戦に挑む村田は圧勝予想オッズ通りに勝てるのか
村田「完全決着」エンダムとリマッチ、ボディーで削り終盤勝負
吉野修一郎、プロ6戦目で初挑戦新王者「通過点」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加