東京為替:ドルは112円40銭近辺で推移、株価再上昇の可能性も

東京為替:ドルは112円40銭近辺で推移、株価再上昇の可能性も

  • FISCO
  • 更新日:2017/10/12
No image

株式会社フィスコ

12日午前の東京市場でドル・円は112円40銭近辺で推移。日経平均株価は65円高で推移しており、上げ幅はやや縮小している。ただし、株価再上昇の可能性があり、リスク回避的なドル売りが増える状況ではなく、ドル・円は112円40銭前後でもみあう状態がしばらく続く可能性がある。ここまでのドル・円は112円32銭から112円52銭で推移。

・ユーロ・円は、133円34銭から133円49銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1858ドルから1.1872ドルで推移

■今後のポイント
・112円近辺には顧客筋、個人勢のドル買い興味残る
・1ドル=113円-115円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値51.13ドル 安値50.98ドル 直近値51.07ドル

<MK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
JDI、深まる経営危機...アップルをサムスンに奪われ巨額損失、法的整理も現実味増す
メルシャンが長野にワイナリー2カ所新設、「日本ワイン」増産へ
ドコモ、新たに長期利用者の優遇を強化する方針~18年5月以降
スーパーの「アピタ」「ピアゴ」をドンキへ転換 「5年後が勝負」
ケネディ前大使が語った「ゴミは中国、漁業は日本よ」の意味とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加