長谷川穂積氏ジム開設 チャンプと“共闘”できるジム

長谷川穂積氏ジム開設 チャンプと“共闘”できるジム

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/04/22
No image

ジムをオープンさせた長谷川穂積氏(中央)とトレーナーの中辻啓勝(左)、奥田翔平=神戸市内(撮影・石湯恒介)

ボクシングの元3階級制覇王者でデイリースポーツ評論家の長谷川穂積氏(37)が神戸市灘区に自身が会長を務めるジム「長谷川穂積 フィットネス&ボクシング」を16日、オープンした。プロに加盟せず老若男女を対象にしており「ボクシングを経験したことがない人に体験して好きになってもらいたい。底辺拡大の第一歩になれば」と説明した。

ジムは4フロアで計90平方メートル。設備はサイズや色を公式仕様に近づけたボクシングのリングやトレーニング機器など「ウン千万円」をかけてこだわった。

ジム開設のきっかけが「自分が動きたかった」という長谷川氏は、今も現役時代と同様のロードワークやジムワークをこなしている。「プロボクサーを引退しても自分がボクサーであり続けるための環境をつくりたかった」と言い、新たな自分の城でも「僕が教えるというより一緒に練習したい。励まし合ってやれたらいい」と会員と“共闘”するスタイルをとる。「ボクシングに興味がない人はトレーニングだけでも」と広く門戸を開く。

屋上は人工芝を敷いたオープンスペースになっており「現役時代に一番やりたかったこと」と青空の下での練習も可能だ。開業した4月16日は、2005年にウィラポン・ナコンルアンプロモーション(タイ)を倒してWBCバンタム級王座を獲得し、初めて世界王者になった記念日。それから3階級を制したカリスマが、ボクシング界の発展のため新たな夢をスタートさせた。

◆ジム概要 神戸市灘区八幡町2丁目12-17 ERCビル(阪急六甲駅徒歩1分) 電話078・822・1216。小学生から入会可能で、指導は元プロボクサーの中辻啓勝氏、奥田翔平氏らが務める。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
17歳JK・素根が史上初となる初出場でV「絶対優勝したいという気持ちで臨んだ」
具志堅氏、比嘉は注意しても「お菓子を食べちゃう」 減量失敗を陳謝/BOX
朝比奈沙羅、17歳素根に連敗「自分に負けた」有効取り消しで心に隙
17歳素根輝 史上初の初出場優勝「負ける気がしなかった」
ゴロフキンの魔法は本当に解けてしまったのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加