最新ランキングをチェックしよう
オフィスで再生紙つくる装置発売 エプソンが新提案、3年で売り上げ100億円狙う

オフィスで再生紙つくる装置発売 エプソンが新提案、3年で売り上げ100億円狙う

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2016/11/30

セイコーエプソンは11月30日、使用済みのコピー用紙から再生紙を製造するオフィス製紙機「PaperLab(ペーパーラボ)A-8000」を12月に発売すると発表した。世界初の技術でオフィスのセキュリティ向上や環境負荷低減などを提案。企業や自治体でペーパーレス化が進むなか、紙の新たな価値を提供し、市場を切り開く。3年で100億円の販売を目指す。
商品化したオフィス製紙機「PaperLab A-8000

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
神戸市の多言語案内サインで使用される日本語と中国語の書体にヒラギノフォントが採用
無敵の「しまむら」が新たに導入した“自動値下げシステム”の実力
ずるいぞSoftBank。大手キャリアが本気出した「クーポン配布」戦略
それでも東芝が原子力部門を切れない「特別な事情」
元マネーの虎・南原竜樹「“就職”を考え面接受けるも一社も受からず...」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加