最新ランキングをチェックしよう
オフィスで再生紙つくる装置発売 エプソンが新提案、3年で売り上げ100億円狙う

オフィスで再生紙つくる装置発売 エプソンが新提案、3年で売り上げ100億円狙う

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2016/11/30

セイコーエプソンは11月30日、使用済みのコピー用紙から再生紙を製造するオフィス製紙機「PaperLab(ペーパーラボ)A-8000」を12月に発売すると発表した。世界初の技術でオフィスのセキュリティ向上や環境負荷低減などを提案。企業や自治体でペーパーレス化が進むなか、紙の新たな価値を提供し、市場を切り開く。3年で100億円の販売を目指す。
商品化したオフィス製紙機「PaperLab A-8000

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
パチンコホール、「出玉規制」で倒産激増?ヘビーユーザー離れの危機、大手は異業種参入も
スバル車のボンネットに穴があるワケ そもそもなんのための穴なのか
絶対に会社を潰す"ダメ社長"3つの傾向
変貌遂げるIT企業の収益構造、サービス契約が柱に
ウォール・ストリート・ジャーナル
コインチェック、「お答えできない」のオンパレード...超高学歴集団の実像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加