米エネルギー省、NEDOと協力...燃料電池車の普及目指す

米エネルギー省、NEDOと協力...燃料電池車の普及目指す

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/11
No image

トヨタ MIRAI(米国仕様)

もっと画像を見る
米国エネルギー省は10月10日、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)との間で、燃料電池車や水素ステーションの普及拡大に向けて協力することで合意した、と発表した。

米国では、カリフォルニア州を中心に燃料電池車の導入が進んでいる。すでにトヨタは『ミライ』(MIRAI)、ホンダは『クラリティ・フューエルセル』の販売を開始した。

また、米国では、燃料電池車と水素ステーションを普及するための官民パートナーシップ、「H2USA」が立ち上がった。燃料電池車の普及に向けた取り組みが、進展を見せている。

今回、米国エネルギー省のFCTO(燃料電池技術室)とNEDOは、燃料電池車や水素ステーションの普及拡大に向けて協力することで合意。燃料電池車の市場環境整備の促進に向けた安全性に関するデータや、水素ステーションの効率的な運用方法の検討など、両者が保有する情報の交換を積極的に行い、協力体制を築いていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ホンダ CB400SF 新型発売...最高出力56psへアップ、新排ガス規制にも対応
スイスで父親の育児休業巡り国民投票へ 政府は反対表明
【日本初】トラック2台分の超大型車両「ダブル連結トラック」が運用開始!人手不足の解決策となるか
神戸製鋼「社員向け」掲示板が「阿鼻叫喚」 「娘がいるんだ!」「家のローンが!」
サムスン絶好調、営業利益「約3倍」のワケ 最高益更新の見込み
  • このエントリーをはてなブックマークに追加