オダギリジョー、劇中長台詞をアドリブに 『湯を沸かすほどの熱い愛』

オダギリジョー、劇中長台詞をアドリブに 『湯を沸かすほどの熱い愛』

  • シネマカフェ
  • 更新日:2016/10/20
No image

宮沢りえ主演最新作『湯を沸かすほどの熱い愛』。この度、公開に先駆け10月18日(火)109シネマズ二子玉川にて本作の特別試写会が開催され、オダギリジョーと中野量太監督が登壇した。

自主制作映画『チチを撮りに』が、ベルリン国際映画祭ほか、国内外10を超える映画祭で絶賛された中野監督の待望の商業デビューとなる本作。“死にゆく母と、残される家族の愛と絆″という普遍的なテーマを、想像できない展開とラストで紡ぎ出し、涙と生きる力がほとばしる驚きと感動の詰まった物語となっている。キャストには、“お母ちゃん”双葉役の宮沢さん、娘・安澄役に杉咲花、お父ちゃん役にオダギリさん。そのほか、松坂桃李、篠原ゆき子、駿河太郎らが出演する。

まず本編の上映が行われたこの日の特別試写会。上映後は、鼻をすする観客が多く見られた。そんな中登場したのは、出演するオダギリさんと中野監督。本作の試写会イベントにオダギリさんが登場するのは今回が初めてで、出演者の試写後の舞台挨拶というのも今回が初のため、ネタばれOK、自由なトークが繰り広げられた。

完成からしばらく映画を観なかったというオダギリさん。その訳を「絶対良い作品だったから、観たくなかったんです。自分の作品で泣くというのが恥ずかしくって」と明かすと、「自分の出ているシーン以外観たことなかったから、新鮮だったでしょ?」と監督。ダメ男だけど憎めない、このお父ちゃんという役にオダギリさんオファーしようと思ったきっかけについて監督は「僕はオダギリさんの演じる3枚目が大好きなんです。だから、このお父ちゃんという役も絶対やれると思ってました」と話し、「最近SNSで試写の感想を見ると、『オダギリさんが演じるお父ちゃん、本当にやだ!! でも憎めないんだよね』という書き込みがよくあって」と思ったとおりだったと満足げ。

そして今回、なんとお客さんからの質問に2人が答えるというスペシャル企画が実現。小学生の女の子からは「オダギリさんの一番好きなシーンはどこですか?」という質問が飛び出すと、「監督オリジナルならではの緻密な脚本に張り巡らされた伏線の数々が、見どころだと思いましたよ」とあるシーンを例にあげて語った。さらに、監督から印象的なシーンとして飛び出したのが、娘・安澄がトイレにこもるシーンのドアの外でお父ちゃんがひたすら語りかけるシーン。なんとそのお父ちゃんの長台詞は全部オダギリさんのアドリブだったそう。オダギリさんは「脚本を見たら、すごいセリフの量だったので、覚えられないなと(笑) なので、全部アドリブにしてもらいました」と明かしていた。

最後にオダギリさんは「初めて脚本を読んだときから、こんなに練られた脚本は見たことがなくてすぐに『やりたい』と思いました。本当に良い作品に巡り合えた年になりました」とコメントし終了。製作秘話を聞けるという大満足な試写会となっていた。

『湯を沸かすほどの熱い愛』は10月29日(土)新宿バルト9ほか全国にて公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ディズニー映画最新作『ピートと秘密の友達』Dlifeキャンペーン実施中&本編映像独占放送
映画「この世界の片隅に」は宿命を受け入れる物語なのか?
ギレルモ・デル・トロ監督がコナミを痛烈批判―小島監督めぐり
『RANMARU』主演の向井理 佐藤二朗と朝まで飲んだ思い出
美人コスプレイヤー20選!東京コミコン潜入リポート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加