東京高裁は「合憲」判断...著しい不公平状態にあらず

東京高裁は「合憲」判断...著しい不公平状態にあらず

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/18
No image

7月の参議院選挙の「一票の格差」は憲法に違反するとして弁護士グループが選挙の無効を求めていた裁判で、東京高裁は18日に「合憲」と判断し、訴えを退ける判決を言い渡しました。

「一票の格差」が最大3.08倍だった7月の参院選を巡っては、2つの弁護士グループが憲法に違反するとして、全国14の高裁と高裁支部に選挙の無効を求める訴えを起こしています。4件目の判決となった東京高裁は「違憲の問題が生じるほどの著しい不公平状態にあるとは評価できない」として、「合憲」と判断し、訴えを退けました。「合区」が初めて導入されたことなどで、「数十年間、維持されてきた5倍前後の格差が3.08に縮小されて改善された」と評価しました。これまでの判決では、広島高裁岡山支部と名古屋高裁金沢支部で「違憲状態」、高松高裁で「合憲」と判断が分かれています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
発覚恐れ救急車を呼ばず 千葉大医学部“集団強姦”
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
暴行死「もう一人の孫の方がかわいかった」
南太平洋でM7.8の地震 日本への被害の心配なし
“仮面ライダー”松田悟志、お手柄!妻盗撮男を現行犯逮捕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加