ヴェルマーレン、バルサ残留を後悔と明かす「賢明な判断ではなかった」

ヴェルマーレン、バルサ残留を後悔と明かす「賢明な判断ではなかった」

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/11/14
No image

今季はバルサで公式戦1試合のみの出場にとどまっているヴェルマーレン [写真]=AMA/Getty Images

バルセロナのベルギー代表DFトーマス・ヴェルマーレンは、今夏の移籍市場における自身の判断が正しくなかったと考えているようだ。母国メディアに対する発言を、13日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

ヴェルマーレンは2014年夏にバルセロナへ加入したものの、度重なる負傷で本来のパフォーマンスを発揮できていない。当時のルイス・エンリケ監督から信頼を得ることができず、昨シーズンはローマへレンタル移籍で加入していた。

イタリアから帰ってきた今シーズンは、エルネスト・バルベルデ新監督が就任したことあって、バルセロナでのプレーを決断。しかし厳しいポジション争いの中で、公式戦1試合のみの出場にとどまっている。

現状についてヴェルマーレンは「夏の時点ではバルセロナに残ることが賢明な判断だと考えていたけど、自分の今の状況に目を向けてみると、あの判断は賢明ではなかったと言えるよ」とコメント。決断を後悔していることを明かした。

一方、ベルギー代表でのプレーについては、「クラブでほとんどプレーできていない分、代表でのプレーには幸せを感じている」と心境を吐露。クラブでの状況と対比しつつ、同代表のロベルト・マルティネス監督から信頼を得ていることを喜んでいた。

14日には国際親善試合で日本代表と対戦するベルギー代表。ヴェルマーレンはトップレベルのセンターバックの一人であることを証明できるのだろうか。パフォーマンスに注目だ。

(記事/Footmedia)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元イングランド代表MFの息子が“70ヤード弾” 衝撃の一撃に称賛「ベッカムを再現した」
驚異の早期復帰で“イブラ節”も健在。「ライオンの回復力は人間とは違う」
W杯ショックのブッフォンは出場せず...ユーベはサンプドリアに3発食らい、まさかの今季2敗目
先発の酒井と伊藤はともに途中交代...HSVはシャルケに2失点で敗れる
87年前のマンUを抜いて欧州主要リーグのワースト記録を更新...。伊1部ベネベントが開幕13連敗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加