腕時計に極厚ガラスの組み合わせ。『ガラスウオッチ』ISSEY MIYAKE WATCHから発売へ

腕時計に極厚ガラスの組み合わせ。『ガラスウオッチ』ISSEY MIYAKE WATCHから発売へ

  • DIGIMONO!
  • 更新日:2017/10/13
No image

掲載:DIGIMONO!

こんな小さいのに分厚いガラス、あまり見かけることはありません。
腕時計の文字盤を覆うガラスをぐぐーっと上に引き伸ばしたかのような、ものすごく厚いカバーガラスを備えた個性派腕時計『ガラスウォッチ』が、セイコーウオッチから発表されました。

【詳細】他の写真はこちら

価格は、ステンレススチール製のケースに硬化コーティングを施した『NYAH002』(ブラック)が4万8000円、通常のステンレススチール製ケースを採用した『NYAH001』(ブラック)と『NYAH003』(カーフ)が4万6000円(価格はいずれも税別)。2017年11月10日から世界のISSEY MIYAKEショップやISSEY MIYAKE WATCH取扱店で発売されます。

あまりに分厚いカバーガラス

ISSEY MIYAKE WATCH プロジェクトの16番目のモデルとして、デザイナーの吉岡徳仁氏がデザインした『ガラスウオッチ』。強化処理された分厚い無機ガラスの底に潜む時計の針が、なんともカッコイイですね。このカバーガラスはある時には周囲の光線を反射し、またある時には風景が写り込んで美しい表情を見せるのだそう。

ガラスと牛革のコンビネーション

無機質な時計ケースとは対照的に、ストラップには味わい深い牛革を採用。またバンドが輪になる三つ折れ方式を採用することで、着脱が簡単になりストラップへのダメージが低減されるとのことです。

男女を問わないデザイン

ケースサイズは外径39.0×厚さ15.6mm。重量は約75g。男女問わず装着できるワンサイズ仕様です。クオーツムーブメント キャリバーは「VJ20」で、平均月差±20秒の精度。日常生活防水(3気圧)仕様となっています。

文/塚本直樹

関連サイト
『ガラスウオッチ』製品情報ページ
『ガラスウオッチ』プレスリリース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
SNSの広告配信に対して不快感を持つ人が急増
【最新有機ELテレビ徹底解剖】世界の有機ELテレビをリードするLGの『OLED65E7P』
あおり運転の記録を残せる、1台のカメラで360度撮影できるドラレコ
【iOS 11】YouTubeをバックグラウンドで再生する方法!
ワイヤレス充電について知っておくべきことすべて
  • このエントリーをはてなブックマークに追加