“売れれば”いいのか?西野カナが公開した“作詞手法”に批判の嵐

“売れれば”いいのか?西野カナが公開した“作詞手法”に批判の嵐

  • まいじつ
  • 更新日:2018/11/30
No image

(C)まいじつ

歌手の西野カナが、11月25日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に出演。自身の作詞法を大公開したのだが、ネット上ではその手法に賛否が別れている。

【関ジャム関連】高橋真麻が「シャ乱Q」の『シングルベッド』批判して視聴者が猛反発ほか

この日の同番組は「共感ソング特集」と題し、世の女性が「これ、私のことだ!」と共感するような歌を徹底深掘り。若い女性を中心に絶大な支持を誇る西野をゲストに招き、共感される歌詞作りの秘密を聞き出していった。

多数の「共感ソング」を持つ西野だが、中でも特に有名なのが、2015年リリースの『トリセツ』という楽曲。当時から「女心がそのまま表れてる」「分かるけど男からしたら面倒くさい」などと大論争を巻き起こしている同楽曲について、西野は作詞法を赤裸々に公開した。

したたかな“マーケティング作詞法”

西野はまず、“企画書”として楽曲のコンセプトや設定を考えだした後、一旦自身で詞を書きだすと告白。その後はアンケートや友人への取材を行い、多かった回答や自分の意見を交えながら歌詞に落とし込む“マーケティングリサーチ”手法を採っていると明かしていった。

統計や聞き込みといった大掛かりな作詞法に、ネット上では驚きの声が続出。しかし一方で、

《ネタ集めてるだけやん》《そりゃ多かった回答使えば共感を得られるわな》《何か薄っぺらい歌詞だと思ったら自分の経験じゃなかったのかよ…》《「トリセツ」を「私のための歌」って言ってる子がめちゃくちゃ多い理由が分かった》《共感性のために多かった回答を利用するって、要はウケだけを狙った産業音楽なのね》《アーティストなら人がどう思うかより自分の伝えたいことを詞に載せようよ》

などといった声も目立ち、楽曲同様に“賛否両論”を巻き起こす事態となっている。

“アーティスト”に対して作家性やクリエイティビティを求めている視聴者は、まるでIT企業のようなヒットさせることを主眼にした“マーケティング作詞法”に裏切られたように感じたのかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
星野源、異国の地下鉄に“ポップウイルス”広がる新曲「Pop Virus」MV
有村架純、東芝の新企業CMでザ・ブルーハーツの名曲「情熱の薔薇」を表情豊かに歌唱
  • このエントリーをはてなブックマークに追加