長谷川穂積氏が「フィットネス&ボクシング」を設立

長谷川穂積氏が「フィットネス&ボクシング」を設立

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/04/16
No image

神戸市にオープンした「長谷川穂積 フィットネス&ボクシング」でミット打ちを披露する長谷川穂積氏(撮影・加藤裕一)

ボクシングの元世界3階級王者長谷川穂積氏(37)が16日、神戸市灘区に自身が会長を務める「長谷川穂積 フィットネス&ボクシング」をオープンさせた。目的はプロ、アマ養成ではない。「フィットネス目的。ボクシングをやったことない人が、僕と一緒に体を動かす中で、それが底辺拡大につながっていけば、と思っています」と設立理由を説明した。

ジムでは同氏が指導に当たるわけではない。引退後も「生涯ボクサー」として現役時と変わらぬ練習を続ける同氏が、自分の練習場所として、他の仕事などがない限り、毎日顔を出して体を動かす予定という。「世界王者の練習ってどんなもんか、を見てもらって、一緒に体を動かしてほしい」と話した。

施設内は、ほぼ公式サイズのリングとサンドバッグなどだけのフロアと、ランニングマシンなどのフィットネス機器があるフロアがある。置いてある機材は、同氏が「自分が使いたい」と思ったものに限られてあり、すべてが「長谷川穂積仕様」だ。

会員制で「ボクシングに興味がなく、体を動かしたいだけ、という人も大歓迎」という。入会希望などの問い合わせは同ジム電話078・822・1216まで。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“女帝”アスカ王座奪還ならず!レッスルマニアで連勝記録ストップ!
女子王者・好川菜々が引退「普通の女子に」
全日CC・丸藤が秋山に5年前の雪辱で優勝決定戦進出「怖くて強かった」
アスカ手痛い黒星発進 タッグ戦で相方フォール負け
【国際プロレス伝】アニマルは見た!「神様」と「人間風車」の猛練習
  • このエントリーをはてなブックマークに追加