西武・源田 頭部死球もフル出場、18日も「全然、やります」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/04/18

◇パ・リーグ 西武2―7日本ハム(2018年4月17日 東京D)

西武・源田が日本ハム戦の3回1死一塁の場面で頭部に死球を受けた。日本ハム先発・上沢の3球目がヘルメットを直撃。プロ2年目で頭部死球は初で、上沢は今季パ・リーグ初の危険球退場となった。

源田は一度はベンチに下がったものの、すぐにグラウンドへ。スタンドから大きな拍手を浴び、そのままフル出場した。

「大丈夫です。(当たった時は)“当たったな”と思ったぐらいで。ベンチ裏では脳しんとうかどうかの確認をしていました」。18日の試合についても「全然、やります」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DeNAロペスにビール1年分 キリン看板直撃弾で
森監督、屈辱大敗に「バスケットでもやってたのか」
宮迫博之も「とんでもない」、大谷翔平の“目標達成シート”がスゴすぎる!
“世界一”アストロズは大谷翔平を日ハム時代映像まで使い丸裸にしていた
鉄人・衣笠祥雄氏は、なぜカープの監督になれなかったのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加