最新ランキングをチェックしよう
「ノーベル賞」技術を活用 若手とシニアのタッグが日本の製薬業界を救う

「ノーベル賞」技術を活用 若手とシニアのタッグが日本の製薬業界を救う

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2020/03/18

2017年にノーベル化学賞を受賞した「クライオ電子顕微鏡」。生体分子の構造を解析する”第3の手法”として注目を集めている技術を活用し、製薬・創薬業界に新たな波を起こそうとしているスタートアップがいる。そのスタートアップの名はキュライオ。同社はクライオ電⼦顕微鏡を使い、タンパク質の単粒子解析や低分子のmicroEDによる構造解析を手がけている。先日、社外取締役に東京⼤学理学部教授の濡⽊理が就任し、顧

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
無印良品、夏用マスクが話題 その設計に「すごい発想」と期待集まる
新しい地図のコロナ基金、第2弾支援先を発表「100万円のタクシーチケットを提供」
中国「爆買いしたい」日本で“リベンジ旅行”望む声
田崎史郎氏 安倍政権の支持下落「国民が報道に左右」「他に誰かいますか?」
安倍首相「コロナほぼ収束」に台湾が反応「見せかけ」「使徒襲来」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加