ボストン・ダイナミクスの4足ロボット「SpotMini」改良版はキモさが少し減退

ボストン・ダイナミクスの4足ロボット「SpotMini」改良版はキモさが少し減退

  • GIGAZINE
  • 更新日:2017/11/14
No image

Googleの手を離れソフトバンクが買収したロボット開発企業のBoston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)が、四足歩行ロボット「SpotMini」の新バージョンをムービーで公開しました。ど派手なイエローの外装をまとう新型SpotMiniは、動きもなめらかになり「キモさ」が大幅に減退しています。

新型「SpotMini」の動きは以下のムービーで確認可能。

The New SpotMini - YouTube

のっそのっそとこちらに向かってくる新型SpotMini。金属フレームむき出しの旧型から、黄色の外装を備えて、洗練された印象になっています。

No image

カメラの前でぴたりと静止。

No image

カメラをのぞき込むSpotMini。

No image

体勢を低く構え、飛びかからんばかりの状態に。く、来るのか……?

No image

と思いきや、姿勢を伸ばして前方を見ました。ただの「お辞儀」だったのかもしれません。

No image

再び軽快に歩き始めたSpotMiは、「巣」に帰って行きました。

No image

「Coming soon」ということで、近く、詳細について発表があるようです。

No image

ぎこちない動きと、むき出しフレームが生々しかったSpotMiniは、黄色の洗練された外装を持ち、動きもよりいっそうなめらかになっている模様。なお、2016年6月時点における旧型SpotMini動きは、以下のムービーで確認できます。バナナの皮を踏んですっころんでいたSpotMiniは、着実に進化を遂げているようです。

Introducing SpotMini - YouTube

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Windows10でファイルコピー後のCtrl+zは危険! 完全にファイルが消えるぞ
WindowsはMacを目指し始めた?Windows 10のビルドがmacOSに酷似
Google Homeで家電も操作、KDDIがホームIoT「au HOME」を本格スタート
ソフトウェアの複雑さを「意図指向プログラミング」で管理する
4K画質&360°空間音声!『THETA V』は全方位に死角なしの優良モデル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加