オリ、ドラフト隠し玉は「上園チルドレン」BC滋賀の強肩捕手・山本

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/10/12

隠し玉に上園チルドレン! オリックスが独立リーグ・滋賀ユナイテッドの山本祐大捕手(19)=京都翔英高=を今秋のドラフト指名候補に入れていることが11日、わかった。

この日、京セラドームの球団事務所で最大3日間に渡るスカウト会議がスタート。長村球団本部長は「大学、社会人、独立リーグの選手の評価を確認した。同評価の選手がいれば、地元を優先したい」と説明。その中の1人が山本だった。

大阪市出身の山本は滋賀の創設1年目となった今季、強肩捕手として活躍。二塁送球は1秒8台前半を誇り、阪神で新人王に輝いた初代監督の上園啓史氏が「いいものを持っている」と認める逸材だ。視察した球団関係者も「うちは絶対的に捕手の数が少ない。若くて魅力的」と話す。打撃面など荒削りな部分はあるが、そこは19歳。磨けば光るダイヤの原石だ。

また、同チームの俊足巧打の泉祐介外野手(22)もリストアップ。山本には阪神をはじめ他球団も注目しているだけに、指名順位を含めて検討を重ねていく。

山本 祐大(やまもと・ゆうだい)

捕手。1998(平成10)年9月11日生まれ、19歳。大阪市出身。泉尾北小で野球を始め、大正東中では大正シニアに所属。京都翔英高では中堅手として3年夏に甲子園出場。今年5月に独立リーグ・滋賀ユナイテッドに入団し、正捕手を務める。通算56試合で打率・294、2本塁打、19打点。1メートル78、78キロ。右投げ右打ち。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神泥沼21被安打...投手7人つぎ込み疲労だけ残る
比嘉 賢伸(盛岡大附)「心が変われば、誰でも進化出来る」
タイガース、カープ......。そもそもなぜその名前に? 12球団のチーム名の由来は?
ラミレス監督「準備はできている」広島に雪辱へ自信
暴走続きの張本勲と関口宏を一喝した金田正一に「よくぞ言った」と称賛の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加