幸せに暮らす保護猫の写真コンテスト 10組が入賞

幸せに暮らす保護猫の写真コンテスト 10組が入賞

  • sippo
  • 更新日:2019/04/16
No image

最優秀作品「段ボールひとつで幸せ」=おおいた動物愛護センター提供

保健所から引き取られるなどした「保護猫」がくつろいだり、元気いっぱいに遊んだりしている姿を撮影した「うちの猫! 写真コンテスト」の表彰式が、おおいた動物愛護センター(大分市廻栖野)であった。入賞した作品は同センターで展示されている。

(末尾に写真特集があります)

保護された猫が幸せに暮らす様子を知ることで、動物愛護の精神を育ててもらおうと、同センターなどが主催。大分県内の保護猫の飼い主から112点の応募があり、一般観覧者の投票で10組の入賞が決まった。

最多得票は津久見市の小手川由佳さんが撮影した「段ボールひとつで幸せ」。会社の上司から譲り受けた「りんちゃん」が、大好きな段ボールで遊んでいる姿を撮影した。小手川さんは、「日常の何げないひとコマが、みなさんの共感を呼んだようでうれしい。好物のえさをあげて乾杯します」と話した。

No image

入選した「陽だまりの中で」=おおいた動物愛護センター提供

臼杵市の村上睦美さん(63)は、日だまりの中で気持ちよさそうな表情をするメスの三毛猫「愛ちゃん」を写した作品が入賞。愛ちゃんは11年前に24歳で「ニャン生」を閉じたが、病気で目が見えなくなってもベランダを歩く「リハビリ」を亡くなる直前まで続けた努力家だったという。

「受賞を知ったら、『いやあ、照れちゃうわ』と頭をかくかもしれない。帰って仏壇に報告したい」と話していた。
(前田朱莉亜)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

猫カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
催眠術かな?カラカルが耳の房毛を器用に動かしてるぞ!
「絶対病院だにゃ」お出かけバッグに不信を抱く猫ちゃん
猫喰いザメが現れた!リキちゃん迫真の演技を披露する
ママさん限定!オス猫スズくんの変わった甘えグセ♡
SNSでバズったねこが集合! 天使ショット、笑撃ショットも大公開――『バズにゃん』(2)【連載】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加