桐生祥秀が抱負「個人でもメダルを取れる強い選手になりたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/11

17年に活躍したスポーツ選手や団体を表彰する「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の表彰式が11日、都内で行われ、昨年9月に日本人初となる9秒台をマークした桐生祥秀(22=東洋大)は「個人でもメダルを取れる強い選手になりたい」と抱負を語った。

桐生は昨年9月9日の日本学生対校選手権男子100メートル決勝で9秒98を出し、伊東浩司氏の日本記録10秒00を19年ぶりに更新した。当時のレースを「最後の馬鹿力の様な感じだった」と振り返った。

卒業後は東洋大に拠点を置きながら、日本生命所属のプロ選手として世界のファイナリストを目指す。「今年はアジア大会もある。世界の舞台で活躍できる選手になりたい」と飛躍を誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
本田翼、波瑠...裏話暴露で炎上した女優4人! 「一体何様?」「度を過ぎた暴露で品がない」
女性社員が「仕事ができない男だ!」と感じる居酒屋の注文3選
【衝撃】頭部は犬で躰は毛虫...超奇妙なエイリアン生物が激写される! キモすぎる動きと形に全世界騒然、研究者もコメント!
フジ山崎アナが自宅公開、女子アナらしくない部屋の装いに視聴者感激
この10年、日本の大企業で「品質問題」が続発する理由がわかった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加