世界に感銘与えたJリーグ3クラブを称賛 AFC特集「クラブW杯で躍進のアジア勢4選」

世界に感銘与えたJリーグ3クラブを称賛 AFC特集「クラブW杯で躍進のアジア勢4選」

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/12/06
No image

浦和は10年前の大会でミランを苦しめて3位、広島は「ハッピーリターンを成し遂げた」

J1浦和レッズは6日に開幕するFIFAクラブワールドカップにアジア王者として出場するが、アジアサッカー連盟(AFC)は公式サイトで「クラブW杯における過去のアジア勢ベストパフォーマンス4選」を特集。そのうち3つを躍進したJリーグ勢が占めた。

浦和は10年ぶりのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝でクラブW杯に出場するが、10年前の同大会でも好パフォーマンスを見せていた。準決勝でACミラン(イタリア)と対戦した試合について、同記事では「ミランを十分に苦しめて前半は0-0で乗り切った。後半にクラレンス・セードルフのシュートで失点したが好ゲーム」と評価。そして「気持ちを切らすことなくプレーした浦和は、3位の栄冠に輝いた。FWワシントンは3得点で大会得点王になった」と称えている。

2011年大会ではアル・サッド(カタール)が活躍。初戦でアフリカ王者を破ると準決勝ではバルセロナ(スペイン)に0-4と大敗したが、3位決定戦で開催国王者の柏レイソルにPK戦で勝利。記事では「柏を倒したことで、アジア王者の威厳を保った」と評した。

15年大会のサンフレッチェ広島も存在感を発揮。準決勝で南米王者リバープレート(アルゼンチン)に0-1で敗れたものの、「あまりにもタフで激しいファイト。決勝進出してもおかしくなかった敗戦」と、その戦いぶりも認められている。3位決定戦ではアジア王者の広州恒大(中国)を破り、「2年前に5位で終わったチームは、3位に躍進するというハッピーリターンを成し遂げた」と称賛した。

色褪せないJクラブの偉業「ついに…」

そして昨年の鹿島アントラーズは、「ついにアジアのチームが決勝に到達した」という躍進が評価された。オセアニア王者、アフリカ王者、南米王者を撃破した鹿島は、決勝で欧州王者レアル・マドリード(スペイン)と対戦。MF柴崎岳(現ヘタフェ)の2ゴールもあり「レアルを2-1まで追い詰めた戦いは世界に感銘を与えた。最終的にクリスティアーノ・ロナウドにハットトリックされて延長で敗れたが、鹿島の偉業を色褪せさせるものではない」と絶賛した。

アジア王者の浦和はJリーグ勢としては9年ぶりにクラブW杯に臨むが、日本開催ではない本大会にJリーグチームが出場するのは初となる。これまでの成績には、ホーム開催の恩恵という部分もゼロでないだけに、浦和のプレーはJリーグ勢としての真価が問われることになる。10年前に3位に輝きアジアから世界に飛び出した浦和は、今大会で日本サッカー、アジアサッカーの期待に応えるプレーと成績を世界にアピールすることができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ライターコラムfromG大阪】現役最後のクラブは「大好き」なガンバで...藤ヶ谷陽介、19年のプロ生活に終止符
【ライターコラムfrom千葉】ハイライン&ハイプレスでJ2を席巻...「自分たちのサッカー」で見えた昇格への光
"女芸人No.1"初代チャンピオンは「ゆりやんレトリィバァ」に決定
豪華メンバーがアイスタに集結...市川大祐氏の引退試合が来年1月8日に開催
仙台が20歳コンビと契約を更新「来季はチームの勝利に貢献したい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加