日本は仏に敗れ1勝1敗、久保建英不発 U17W杯

日本は仏に敗れ1勝1敗、久保建英不発 U17W杯

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/12
No image

日本対フランス 前半、先制ゴールを決めて喜ぶグイリ(左)(撮影・江口和貴)

<U-17W杯インド大会:日本1-2フランス>◇1次リーグE組◇11日◇グワハティ

日本はフランスに敗れ、1勝1敗となった。

日本はFW久保建英(16=FC東京ユース)らが先発。前半13分に、中盤からのロングパスに抜け出したFWグイリがゴールを決めフランスが先制した。日本も同24分に、初戦でハットトリックを決めたFW中村敬斗(17=三菱養和ユース)が直接フリーキックでゴールを狙ったが惜しくも枠外。チャンスを生かし切れず、1点をリードされて後半に入った。

後半26分、グイリが2本目のゴールを決めフランスがリードを広げる。日本は直後にPKを獲得し、FW宮代大聖(17=川崎F・U-18)が決め手1点を返したが、あと1点が遠かった。

次戦は14日、グループリーグ最終戦でニューカレドニアと対戦する。

◆U-17W杯 17歳以下の各国代表による国際大会で、2年に1回開催。1次リーグは24チームが6組に分かれて行われ、各組上位2チームと3位のうち成績上位4チームが決勝トーナメントに進む。決勝トーナメントは同点の場合、延長戦、PK戦を行う。最多優勝はナイジェリアの5回で、日本は93年、11年大会のベスト8が最高。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
浦和・長澤和輝、急速に増す存在感。ハリルJ入りも期待。“逆輸入”選手がドイツで備えた術
人気“さわる腕時計”日本限定版
人体の弱点をつく。風間理論による解決策。身体能力に左右されずゴールを奪う方法
なでしこジャパンは本当に弱体化しているのか――。スイス監督が言及「2年前とは......」
過保護の日本サッカーが今こそ思い出したい“オシムの言葉”「見落としている欧州がある」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加