捕手陣ブルペン投球で“手投げ送球”矯正トレ 山田コーチ発案

捕手陣ブルペン投球で“手投げ送球”矯正トレ 山田コーチ発案

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/17
No image

ブルペンで投球する梅野(撮影・飯室逸平)

「阪神秋季キャンプ」(13日、安芸)

阪神の捕手陣が“珍トレ”を敢行した。山田バッテリーコーチ主導の下、ブルペンに集まった梅野ら4捕手。だが、投手の球を受けるのではなく、自分たちがマウンドに立って投球練習をするというものだった。

その目的を同バッテリーコーチは「(普段は)どうしても手だけで投げてしまうから。下を使って、踏み出す足も投げる方向にしっかりと」と説明。素早い送球をするため、手投げになりがちな送球フォームを矯正する狙いがある。

MAX136キロを計測した梅野は「下半身とかをある程度使って」と効果を実感。原口は「キャッチャーの練習ではできないことなので意味があります」と手応えを感じていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
どん底味わった2人の男、最下位ロッテに加入 新風吹かせるか
名将か愚将か...セ・リーグの監督を査定する!【2017年版】
移籍先が決まった戦力外・自由契約組
FA増井、監督出馬のオリに「熱意感じる」
番長、大魔神、マシンガン打線...ハマスタ伝説甦る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加