W杯予選敗退で代表引退のブッフォン、“6大会参加”の史上最多記録は幻に

W杯予選敗退で代表引退のブッフォン、“6大会参加”の史上最多記録は幻に

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/11/14
No image

イタリア代表を引退するジャンルイジ・ブッフォン【写真:Getty Images】

ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフの2ndレグが現地時間の13日に行われ、イタリア代表がホームでスウェーデン代表と対戦。0-0のドローに終わった結果、イタリアは2試合合計0-1で本大会出場を逃した。

実に60年ぶりとなるW杯予選敗退により、イタリア代表のひとつの時代が終わる。試合後には、39歳のGKジャンルイジ・ブッフォン、34歳のMFダニエレ・デ・ロッシ、36歳のDFアンドレア・バルザーリ、33歳のDFジョルジョ・キエッリーニのベテラン選手4人が代表引退を表明した。

最年長のブッフォンは、ロシアW杯の終了後に代表と現役を引退する意志を以前から表明していた。だが予想外の形で、代表引退の時は数ヶ月早く訪れてしまった。

ブッフォンはこれまで1998年から2014年まで5大会のW杯にメンバー入り。控えGKだった98年大会を除き、4大会で試合に出場していた。

過去にはメキシコのアントニオ・カルバハルとドイツのローター・マテウスが、5回のW杯でメンバー入りして試合に出場したことがあった。ブッフォンがロシアW杯でメンバー入りを果たせば6大会の参加は歴代単独最多、試合に出場すれば5大会で歴代最多タイとなるはずだったが、記録は幻に終わることになった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ平然とハンド? GKが仰天の珍プレーで一発退場、海外唖然「ばかげている」
10歳ボールボーイに暴行の衝撃...乱闘勃発 世界で波紋「醜悪」「言い訳無用のタックル」
ハンブルガーで評価高まる伊藤達哉を、酒井高徳が兄のようにサポート
“シンジ・フィーバー”誕生の瞬間 香川真司が語る伝説のゴール「頭が真っ白でした」
「マンチーニは偉大じゃない」と元マンC選手が酷評。「彼のためにプレーする選手は皆無だ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加