スノボ男子HP 2回目終え平野が1位、片山5位!ホワイト珍しく転倒

スノボ男子HP 2回目終え平野が1位、片山5位!ホワイト珍しく転倒

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/15

◇平昌冬季五輪 スノーボード男子ハープパイプ決勝(2018年2月14日)

No image

スノーボード・男子ハーフパイプの平野歩夢

平昌五輪は14日、スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)決勝が行われ、日本からは前回ソチ五輪銀メダルの平野歩夢(19=木下グループ)、片山来夢(22=バートン)、16歳の戸塚優斗(ヨネックス)の3人が出場。2回目の試技を終え、平野が95・25点で1位につけた。

金メダルの期待が懸かる平野は1回目の試技は転倒し35・25点。それでも、2回目にきっちりと修正し完璧なランを披露。95・25点をマークしトップに躍り出た。平野の最大のライバルであるショーン・ホワイト(31=米国)の2回目は珍しく転倒し、1回目の94・25点で2位。「3強」の一角スコット・ジェームズ(23=オーストラリア)が92・00点で続いている。

片山は3本目のエアの着地に失敗し、25・00点。1回目にマークした85・75点で5位につけている。

戸塚は2回目の試技で高いエアを見せたが、角に落下し、そのまま転倒。倒れこんだまましばらく動くことができなくなってしまい、担架で運ばれた。

◇スノーボード・男子ハーフパイプ 決勝は前日に行われた予選の上位12選手が出場。6人の審判員が100点満点で採点し、最高と最低の2人の点数を除いた残り4人の平均点が得点となる。3回の試技のうち最も高い得点を採用し、順位を決定する方式で行われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
花田優一「おしゃれイズム」出演でシャレにならない兄妹関係が再燃!?
カーリング女子 勝負を決めた藤沢五月の「悪女の誘惑」
辺見えみり、再び離婚報道で「別れて正解」と夫に同情の声
「時代は終わった」「ほんと性格悪い」人気者の座から転落した、“嫌われ”芸能人3組
間違ったひとりHはセックスでイケなくなるって本当?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加