最新ランキングをチェックしよう
井上雄彦が描く西郷隆盛、没後40年・海音寺潮五郎の小説2冊で装画担当

井上雄彦が描く西郷隆盛、没後40年・海音寺潮五郎の小説2冊で装画担当

  • ナタリー
  • 更新日:2017/12/07

井上雄彦が、新潮文庫より新装版として刊行された海音寺潮五郎の小説「西郷と大久保」「江戸開城」の装画を手がけた。「西郷と大久保」すべての写真を見る(全2枚)「西郷と大久保」は西郷隆盛と、彼の盟友・大久保利通の交友と決別を描いた作品。一方の「江戸開城」は江戸無血開城の舞台裏を、西郷と勝海舟の応酬を中心に描いた作品となる。「江戸開城」は長く絶版状態だったが、海音寺没後40年を迎えるこのタイミングで「西郷

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稲垣吾郎「草なぎには負けない」とリップサービス  香取とは“友好関係”
広瀬すず、振り向かせるなら「待つ」男に勝算あり?
『選挙』想田和弘監督の“観察映画”第7弾にベルリンが注目【第68回ベルリン国際映画祭】
THE ALFEE、結成45周年で声優デビュー!3人揃って、ぶさカワなエイリアン役に挑戦!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加