大きな犬が少女に希望と愛を与え続ける。グレート・デーンに支えられ歩けるようになった11歳の少女

大きな犬が少女に希望と愛を与え続ける。グレート・デーンに支えられ歩けるようになった11歳の少女

  • カラパイア
  • 更新日:2019/11/27

アメリカ、マサチューセッツ州に住むベラ・バートンちゃんは生まれつき骨の形成が阻害されるモルキオ症候群(ムコ多糖症)を患っており、うまく身体を動かすことができない。まだ子供でありながら、何度も手術を受け、数知れない治療を試してきたが、11歳になった今でも自分だけで歩くことは苦手だった。
 そんなベラちゃんの生活を一変させたのが、1匹の犬だった。グレート・デーンのジョージさんが、ベラちゃんの足代わりと

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加