オリックス佐藤世那、来季は「球速にこだわる」現状維持で更改

オリックス佐藤世那、来季は「球速にこだわる」現状維持で更改

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/12/01
No image

オリックスの佐藤世那投手が1日、神戸市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の500万円(金額は推定)でサインした。

佐藤世は仙台育英のエースとして15年夏の甲子園で準優勝。15年ドラフト6位でオリックスに入団した。

今季は1軍に昇格できなかったが、ウエスタンでは12試合に登板して4勝4敗、防御率5・37だった。

「思うような野球をできなかった。高校の時みたいにフォークで空振りが取れなかったり、仕留めないといけないところでファウルにされたり、打たれたりした。そこで気持ちの切り替えができずに何でだろうと考えることが多かった」と1年目を振り返った。

それでも、フェニックスリーグでは田口2軍監督らの助言もあって、来季へ向けてきっかけをつかんだ。「球速にこだわっていきたい」と、今後は常時140キロ台の直球を、常時145キロ台まで上げることを目標に、オフのトレーニングに励む。

また、吉田雄人外野手は10万減の490万円、大山暁史投手は現状維持の590万円でサインした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
秋野暢子、日ハム大谷投手に「結婚相手にどうですか」 娘の写真見せる
Yahoo!検索大賞2016に「カープ日程」が選出!
阪神北條と少年野球戦友 大阪橋本がバスケ代表候補
陽岱鋼、巨人入り決定的 史上初の同一年FA3選手獲得
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加