最新ランキングをチェックしよう
「紫外線アレルギー」を克服しプロの世界へ オリ育成ルーキーが抱く使命感

「紫外線アレルギー」を克服しプロの世界へ オリ育成ルーキーが抱く使命感

  • フルカウント
  • 更新日:2018/01/13

オリックス育成ドラフト1位入団の稲富宏樹【写真:編集部】高校1年で「紫外線アレルギー」を発症、「野球を辞めよう」と思ったことも 困難を克服し支配下登録を目指す選手がいる。昨年のドラフトでオリックスから育成1位指名を受け入団した稲富宏樹捕手。10日から大阪・舞洲で始まった新人合同自主トレでは同期入団の選手とのレベルの違いを感じつつも「楽しくやれています。まずは支配下登録を目指して頑張っていきたい」と

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
淫行疑惑『バナナマン』日村勇紀を「完全スルー」したワイドショーの非常識
自衛隊の定年は53歳! 年金受給の65歳までどう暮らしているのか?
危険。「すぐに離婚する夫婦」の特徴
浜崎あゆみ『活動休止』40歳のバースデーに宣言か

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加