iPhoneが拡大鏡に変身! 細かい文字がスタイリッシュにスイスイ読める:iPhone Tips

iPhoneが拡大鏡に変身! 細かい文字がスタイリッシュにスイスイ読める:iPhone Tips

  • Engadget
  • 更新日:2016/12/01
No image

最近小さい字が読めなくなってきた――そんな人に便利なのが、「拡大鏡」機能です。文字の上にiPhoneをかざすと、文字を拡大表示できます。文字の倍率は、画面上から自由に調整可能。ライト機能を使えば、少し暗いところで文字を読むのに便利です。iPhoneなら拡大鏡を使っているのが周囲にバレにくいのも魅力です。

【ギャラリー】iPhoneで拡大鏡を使う (6枚)

拡大鏡を起動する

まずは拡大鏡を「設定」の「一般」にある「アクセシビリティ」からオンにしましょう。iPhoneのホームボタンを3度早押しすると、拡大鏡を起動できます。

No image

▲「設定」を起動し、「一般」 「アクセシビリティ」の順にタップ。次画面で「拡大鏡」のスイッチをオンにする

No image

▲ホームボタンを3度早押しする

ホームボタンを押せば、ほかのアプリやサイトを開いていてもすぐに起動できます。ロック画面からは起動できません。

拡大鏡で文字を拡大する

拡大鏡を起動したら、文字を拡大表示してみましょう。使い方は、カメラで撮影するときのように、拡大したい文字の上にiPhoneをかざすだけ。画面上のスライダーを左右に動かし、拡大倍率を調整しましょう。

No image

▲初回起動時の状態。スライダを動かして倍率を調整する(左)。文字を拡大できた(右)

焦点が定まらないときは、画面をタップしましょう。拡大したい箇所をはっきり確認できます。また、周囲が薄暗いときは画面左下のアイコンをタップすると、ライトを起動できます。

No image

▲画面をタップすると、拡大の焦点が定まる。焦点の固定を解除するには、鍵のアイコンをタップして白色にしよう(左)。雷のアイコンをタップすると、ライトが点灯する(右)

画面右下のアイコンをタップすれば、画面の明るさやコントラストも調整できます。拡大鏡の画面に戻るには、右下のアイコンを再度タップします。

No image

▲画面右下のアイコンをタップ。上のスライダを動かすと画面の明るさを、下のスライダではコントラストを調整できる

iPhoneの拡大鏡は、一般の拡大鏡や虫眼鏡とは異なり、いかにも拡大鏡を使っているように見えないのが特徴。ホームボタンから素早く起動し、外出先や会社で周囲の目を気にせず使えるのが利点です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iOS、世界中でシェア伸ばす―日本は51%、米では全盛だったiPhone6に迫る勢い
iPhone 6sに電源が突然落ちる不具合 バッテリー無償交換
違い、わかる?iPhone7 Plusと570万円の映画制作用機材と撮り比べ!
Apple Payがスタートして1か月 メインにふさわしいクレジットカードはどれか
優れた衝撃吸収でイギリス一番人気のiPhoneケース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加