安倍晋三首相が4番目の訪問国・ブルガリアに到着 首脳会談で日欧EPAの早期発効へ協力を確認へ

  • 産経ニュース
  • 更新日:2018/01/15

【ソフィア=田村龍彦】欧州歴訪中の安倍晋三首相は14日午後(日本時間14日深夜)、政府専用機で4番目の訪問国となるブルガリアのソフィア空港に到着した。日本の首相によるブルガリア訪問は初めて。

安倍首相はボリソフ首相と首都ソフィアの首相府で会談し、昨年12月に妥結した日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)の早期発効での協力を確認する。

ブルガリアは今年前半のEU議長国を務めており、会談では北朝鮮に対する制裁強化に向けた連携も確認する見込み。安倍首相は欧州統合に重要なセルビアやコソボなど西バルカン地域の安定と発展に日本が貢献していく考えも示す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【北朝鮮拉致】菅義偉官房長官「しっかり連携」日本人拉致被害家族ら、金正恩氏の国際刑事裁判所告発に
「ドタキャンなんかしてません!」 菅官房長官、東京新聞望月記者に声荒らげる
蓮舫議員、「二重党籍」だった...希望の党入りを画策→断念して立憲民主に、もはや思想ゼロ
連合会長が“喝” ゴタゴタの野党に連携呼びかけ
領土返還「非軍事化が条件」=国際シンポでロシア識者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加