桜玉吉のエッセイ新刊が11月に、漫喫から伊豆暮らしまでの約3年間描く

桜玉吉のエッセイ新刊が11月に、漫喫から伊豆暮らしまでの約3年間描く

  • ナタリー
  • 更新日:2016/10/19

桜玉吉の新刊「日々我人間」が、11月26日に文藝春秋より発売される。

No image

きれいな写真をもっと見る

これは2013年8月より週刊文春(文藝春秋)にて連載されたコミックエッセイをまとめたもの。当初の掲載ペースはほぼ隔週の予定だったが、ほどなく毎週に切り替えられ、約3年間休載なしで連載された。

連載を始めた頃は、東京のマンガ喫茶で数年間暮らしていた玉吉。本書ではそんな生活に別れを告げ、生活の場を伊豆の別荘に移すまでが描かれる。コンビニに行くにも一苦労な山の中でサルやシカ、ムカデなどに悩まされるという、大自然との戦いも見どころだ。なお玉吉からは「もう三年たちましたか。単行本、買っていただけるととても助かります」というコメントも寄せられている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【4コマ】よくあるドラマのワンシーンあるある
宮下あきら「真!!男塾」がゴラクで始動!男塾の歴史が語られる
秒速で笑えるマンガ『矛盾』タイクツくんDX|退屈先生
秒速で笑えるマンガ『エアブレイカー白水_恐怖の間違い探し』時効のひとたち|時効の人
SMAP"6人"主演で実写映画化された『シュート!』など48作品が無料試し読み

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加