りゅうちぇる、“つまらない”過去の苦悩明かす

りゅうちぇる、“つまらない”過去の苦悩明かす

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/11/14
No image

読者モデルのりゅうちぇる(22)が14日、都内で行われた「DIVE DIVERSITY SUMMlT SHlBUYA 2017」に出席した。渋谷発の、多様性をテーマにした新しい社会のスタンダードと向き合う都市型サミット。りゅうちぇるは「自分の色を取り戻す」というテーマで、自身の人生を振り返りながら“多様性の価値”を伝えるエバンジェリスト(伝道師)の役割を務めた。

りゅうちぇるは幼稚園の頃から他人と違うという自覚があり、家族や友達に本当の自分を隠していたので、「中学を卒業するまでに自分が友達と思える人はできなかった。(生まれてから)それまでの人生が本当につまらなかった」と当時の苦悩を明かした。

読者モデルとして人気が出てきてからも葛藤があり、初めてのテレビ収録のときに当時恋人で今は妻のぺこ(22)がからかわれることを恐れ「声を低くしてちょっと男の子っぽい髪型をして挑んだら、全てカットされた」と悔しさをにじませた。りゅうちぇるは「ティッシュ3箱分ぐらいチョー泣いた」としつつも、ぺこに「なぜ私が好きになった、自分らしくキラキラしているりゅうちぇるをみんなにも表現しないの?」という言葉をかけられ、今でもずっと大切にしているという。りゅうちぇるは「いざとなると人は弱くなるが、これからも色んな表現の仕方で自分を表現していきたい」と決意を新たに抱負を述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ふなっしー「テレビ出演しない理由」に称賛集まる
木村拓哉、FC登録開始も「会員数が伸びてない」!? 入会めぐりSMAPファン紛糾のわけ
高橋一生、月9『民衆の敵』大爆死のウラで......あのヒット連ドラのオファーを蹴っていた!?
おぎやはぎ・矢作兼、RaMuのノーパンノーブラ話に「いいなー!」
藤田ニコル「元彼にチャラい事されて、ボロボロに...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加