元特攻隊員「志願じゃなく命令」池上彰が真実に迫る『戦争を考える』特番

元特攻隊員「志願じゃなく命令」池上彰が真実に迫る『戦争を考える』特番

  • しらべぇ
  • 更新日:2017/08/13

72回目の終戦の日を2日後に控える本日13日、「池上彰の戦争を考えるSP第9弾~”特攻”とは何だったのか?~」(テレビ東京系)が放送される。

No image

(写真提供:テレビ東京)

2010年8月からシリーズ化されている「池上彰の戦争を考える」特番。今回は太平洋戦争の末期に日本軍が繰り出した「特攻」を徹底検証。

死を覚悟で敵に体当たりする究極の攻撃「特攻」。生き残った元特攻隊員をインタビューして得た貴重な証言を元に、戦争の真の姿を伝えていく内容だ。

■特攻隊員の証言

池上キャスターと女優の宮崎美子は、特攻隊の出撃基地があった鹿児島県・知覧を訪れ、特攻隊員たちが残した数々の遺書に触れる。

23歳の若者が婚約者に残した手紙には「あなたは過去を忘れ、将来に生きて」「会いたい 話したい 無性に」と綴られていた。

また、番組では元特攻隊員のインタビューも敢行すると、「特攻隊は志願じゃない。純然たる命令だった」という証言も出たという。

特攻を命じられた時、兵士たちは何を考えたのか? 元特攻隊員たちが「今伝えなければ、残すことができない」そんな想いを持って語る、言葉の数々にも注目だ。

■戦艦大和の最後の出撃は特攻だった

日本の最高技術を結集し建造された、史上最大の戦艦大和。

山口県徳山沖から出航して沖縄に向かう途中、鹿児島沖でアメリカ軍の攻撃を受け撃沈。この最後の出撃は「海上特攻」だった。

一体どんな作戦だったのか? 戦艦大和の元乗組員にインタビュー。沈没寸前に海に飛び込み、奇跡的に生き残ったなど、貴重な証言と共に解説。

No image

(写真提供:テレビ東京)

さらに番組では、特攻はいつ、どのようにして生まれたのか、特攻に使われたゼロ戦以外の兵器も紹介しながら、特製年表を使って解説するという。

■池上彰キャスターのコメント

No image

(写真提供:テレビ東京)

私達日本人にとって、8月というとやはり戦争の事を考えざるを得ない季節ですよね。そして戦争を知る人がどんどん少なくなってくると、何かこう、戦争を美化する、そういう動きがあるんですね。

ところが、今、特攻隊の生き残りの人達が次々に声を上げています。そして「特攻隊は決して美化できるようなものではない」と、おっしゃっているんですね。

戦争を美化するような動きに対して、「いやいや、本当の戦争を知ってほしい」と、多くの人が今、思うようになったのではないかと思うんです。

そういう人達の話を今こそ聞く必要があるのかな、そういう意識を持ってこの番組を作りました。どうぞご覧ください。

【番組概要】
タイトル:日曜ビッグバラエティ 池上彰の戦争を考えるSP第9弾 ~“特攻”とは何だったのか?~
放送日時:2017年8月13日(日)19:54~21:54 (テレビ東京系)
出演者:キャスター…池上彰、アシスタント…相内優香(テレビ東京アナウンサー)
ゲスト:八千草薫、峰竜太、宮崎美子、パックン、小島瑠璃子

・合わせて読みたい→都議会議員選挙なのに6局ネット生放送! 池上無双が楽しみすぎる

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山下智久 月9『コード・ブルー』自己最低視聴率! “恋愛描写ゼロ”に軌道修正か?
稲垣、香取、草彅をフジテレビが「囲い込み」か
視聴者が置いてけぼり!「僕たちがやりました」はもう崩壊寸前か
松ちゃんの苦言でフジ関係者の頭をよぎった20年前の“黒歴史”
魚の腐ったような体臭が...「ニオイで苦しんだ少女」の病気とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加